内科・消化器内科・麻酔科・リハビリテーション科 医療法人みゆき会 みゆきクリニック

日置市でかかりつけ医として地域の健康を守る内科クリニック、介護福祉関連サービスも幅広く提供しています。

〒899-3101 鹿児島県日置市日吉町日置390-1 日置市役所日吉支所近く TEL.099-246-8707

みゆきクリニックスタッフブログ

人生を明るく前向きに

 

私たち人間は地域や社会の中で人と関わりながら生活しています。

その中でいかに自分らしく生きていけるか。

この度、鹿児島産業保健総合支援センターから

講師の先生をお招きして「メンタルヘルス勉強会」を開催しました。

 

人はいろいろな形でストレスを感じ、

自覚がなくとも体が反応している場合もあります。

ストレスがうつ病へ移行し、最悪の場合は自殺という

残念な結果を生むことにもなりかねません。

それを防ぐには、まずストレスに気づき

心許せる人に悩みや苦しみを聞いてもらいはき出すことも大事です。

 

ストレスを跳ね返せるように考え方、感じ方を柔軟にすると良いそうです。

悲観的ではなく前向きに受け止め、

自分の都合の良いように考えることもひとつの手段だということを学びました。

 

規則的な生活と十分な休養をとり、趣味を楽しみ、

ストレスに打ち克ち、自分らしく暮らせるようにしたいものです。

 

 

グループホームひおきの里 T

 

コメント

お父さん、ありがとう

 

小規模多機能ホームひおきの丘には男性利用者様が3名いらっしゃいます。

若い頃は「せっぺ(精一杯)」働いた方々ばかりです。

人生の先輩でもあり、昔のことを伺うとたくさんの話をしてくださいます。

きっと走馬灯のように記憶が駆け巡っているのでしょう。

 

そんなお父様方の為に、父の日イベントとして

ハーモニカ演奏者の方々6名が慰問してくださいました。

「みかんの花咲く丘」「しゃぼん玉」「おぼろ月夜」

曲に応じて一瞬にしてハーモニカを替えたりしながら全10曲の演奏。

いつ替えたのか分からない…!

利用者様もスタッフもびっくりの早業でした。

 

また利用者様からのリクエスト曲「古城」にもすぐ対応して

演奏してくださったのはさすが一流だと思いました。

演奏会は盛況、拍手喝采にて終了しました。

 

 

 

小規模多機能ホームひおきの丘 O

 

タグ: , | コメント

せっぺとべ2018

 

6月3日、天気に恵まれてせっぺとべの日がやってきました。

日置市の無形民俗文化財であるお田植え踊りを奉納したあと、

泥だらけになった白装束の若者、

伝統的な衣装に身を包んだ子ども達が

日吉町内の商店や事業所を回って来られます。

 

午前中に5組の自治会の方々が訪れて

披露してくださる一生懸命な舞いを食い入るように見学し、

地域の知り合いの方との再会では会話に花が咲いた様子で

入居者様はとても喜ばれていました。

スタッフも一緒に踊ったりして

楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

 

午後も2組の自治会の方々が来られて、

年に一度のせっぺとべを一日満喫することが出来ました。

 

「来年も来(く)っでなぁ~ 元気しちょいやいな~」

というお声掛けに感動し、

地域の伝統文化を守っていく大切さを感じるとともに

利用者様の健康と長寿を願いました。

 

 

 

グループホームひおきの里 I

 

タグ: , , | コメント

いざという時あわてないように

 

半年に一度の消防訓練がやってきました。

消防士さんにご指導いただいて、

通所リハビリ利用者様と一緒に避難と消火訓練をおこないました。

 

火事の現場では、

消火器のレバーを握りしめて運んだために消火剤が出てしまい、

火元に近づく前に消火剤がなくなってしまったり、

風下から火元に近づいて消火剤が自分にかかってしまう

といった失敗があるそうです。

 

こうして訓練に参加していても、実際に火事が起きたら

あわててしまって私も同じ事をしてしまいそうです。

いつ起きるかわからない本番に備えるために、

繰り返し繰り返し訓練して身につけていきたいと思いました。

 

 

 

医事課 G

 

タグ: , | コメント

梅雨の晴れ間の収穫!

 

みゆき会の畑で取れた

キュウリ・なす・ピーマン・ミニトマト。

 

「まあ、りっぱに出来たこと!

昔は私もこんな野菜を作っていたのよ」

と、笑顔の利用者様。

職員手作りのサラダや漬け物にして、

利用者様と一緒に美味しくいただきました。

 

畑を始めたのは6年前、

ひおきの丘・ひおきの里を開設した年です。

ご近所の方に土をいただき、

耕して肥料をやり草を取り水をまき・・・

施設管理の職員が率先して手入れを続け、

今では様々な野菜が収穫できるまでになりました。

 

お天気が良い時には、デイケアの利用者様も散歩に来られ、

のぞき込んで葉っぱの下の野菜を探したり

収穫を楽しんでいらっしゃいます。

 

これから益々暑くなりますが、

職員も交代で草を取ったり水をまき、

利用者様と一緒に野菜の成長と収穫を楽しみたいと思います。

 

 

 

総務 U

 

タグ: | コメント

第4回みゆき会法人内発表会

 

第4回みゆき会法人内発表会を去る6月16日に開催しました。

8部署からの発表でしたが、それぞれに1年間の業務の振り返りや

取り組んできた課題の総まとめを行いました。

 

今回は初めての取り組みとして審査を職員のオーディエンス票で行い

最多獲得票で決定しました。発表する方も大変ですが審査する方も

公明正大に評価をしなくてはならないので大変です。

 

結果としては最優秀賞は3回目の受賞となる

通所リハビリテーションの「通所リハ一致団結!」に決定しました。

1年間課題として取り組んできた生活リハビリの視点で、症例を通して

原因分析、情報共有、ケアの統一に取り組み目標を達成した発表でした。

法人内発表会の目的である「ケアの質の向上」のために

日々の業務に問題意識を持つことを忘れずに、

これからの1年間をまた新たな課題に取り組んでいってほしいと思います。

 

理事長 坪内みゆき

 

 

【最優秀賞を獲得した通所リハ発表者のコメント】

 

私は通所リハビリテーションでの発表をさせていただきました。

通所スタッフにはリハビリ職、看護職、介護職とさまざまな職種が

関わり合い、利用者様の身体機能の向上、生活の向上を目指し、

一致団結することでよい成果が得られると考えております。

 

今回はチームとしてどのように関わる事で成果があるのかを

発表しましたが、他の部署にもそれが伝わり、

今年の優勝につながったのではないかと感じています。

 

また私自身、他の部署の発表を聞き教えていただく事も多くあり、

大変良い時間を過ごしました。

これからも「ケアの向上」を目的とし、

来年の発表会に向けスタッフ一同頑張っていきます。

 

 

(以下他部署発表順)

 

タグ: , | コメント

アジサイ畑へドライブ

 

5月25日~30日、ひおきの丘では

東市来町へドライブに行って来ました。

目指すはアジサイ畑!

 

梅雨入りしたにも関わらず良い天気ばかり。

車で江口浜方面へ。海を見ながら

「昔は釣りをしていたなぁ~」

「海で泳ぐのは楽しいよ」

と楽しい話をしているとあっという間に到着。

 

たくさんのアジサイが見えると

「わぁ~きれい!」と笑顔がこぼれます。

赤、青、白、と色とりどりのアジサイ。

「大きいね」「うちにも植えたい」

「この色いいわ」と品定め。

 

持ち帰りは出来ないので

目と写真にしっかり焼き付けてドライブ終了。

夏前の楽しいドライブになりました。

 

 

 

ひおきの丘 O

 

タグ: , | コメント

たまには豪華なおやつ時間

 

雨に映える紫陽花の花が美しい季節になりました。

5月22日、通所フロア内にて皆様に好評のおやつ

ホットケーキを作りました。

 

利用者様と一緒に バナナ、みかん、桃をカットして

昔おやつ作りをした時の話をしながら賑やかに準備をしていきました。

なかなか手つきが慣れているご様子。

お玉を使って生地を次々と流して焼いていき、フライ返しもお見事!

上手にひっくり返していきます。

 

出来上がりをお皿の上に載せて、

各自お好きなようにトッピングをして完成!

とっても豪華なホットケーキになりました。

 

さぁ皆で実食。

おいしい!まだ食べたい!と大賑わい。

楽しく頂くことが出来ました。

また一緒に院内レクを楽しみましょうね。

 

 

 

通所リハビリテーション U

 

タグ: | コメント

回想法から学ぶこと

 

祖母が認知症になって10年余りが過ぎました。

10年前は「子供は何人いるの?」と聞くと「11人」(本当は6人です)

「え?6人じゃないの?!」と言うと、

「父親が違うの」とまさかの浮気疑惑で笑わせたりしていましたが、

近頃は会話も成り立たなくなり、家族もなんだか張り合いがなくなってきました。

 

機嫌が悪い時には、杖を振り回す武闘派になり、

介護する方も怒ったり落ち込んだりします。

 

祖母がお泊まりに行っている時、落ち着いて考えると、

103年の人生で認知症になったのは最後の10年だけ。

それまでは、私が生まれた時にはおむつを替えてもらい、

子供時代は泊まりがけで遊びに行き、

大人になって遠く離れて暮らしている時はあくまきを作って送ってくれたり、

かわいがってもらった時間の方がうんと長いことを思い出しました。

 

昔のことを思い出すのは認知症にいいと聞きますが、

介護する方にも効果があるのだなと思いました。

 

 

医事課 G

 

コメント

いつもありがとう

 

5月16日、グループホームひおきの里では

今年も母の日会を催しました。

 

それぞれのユニットの今年の担当者が約1か月前から計画しました。

昼食は赤飯やお刺身、天ぷらなどを重箱に詰めた…名付けて「母の日御膳」

いつもと違う雰囲気と料理という事もあり

皆様とても満足されていました。

 

またプレゼントに写真付きの手作りメッセージカードを準備しました。

「あら♪ よか写真を貼ってくれたんじゃねー」「ありがとう」

 

皆様の笑顔を見る事で私達も元気をもらっています。

普段なかなか言葉に出来ない時もありますが、

入居されている皆様との出会いに感謝を込めて

「いつもありがとう」

 

 

 

ひおきの里 M

 

タグ: , | コメント