内科・消化器内科・麻酔科・リハビリテーション科 医療法人みゆき会 みゆきクリニック

日置市でかかりつけ医として地域の健康を守る内科クリニック、介護福祉関連サービスも幅広く提供しています。

〒899-3101 鹿児島県日置市日吉町日置390-1 日置市役所日吉支所近く TEL.099-246-8707

みゆきクリニックスタッフブログ

妙円寺詣り!

 

今年も2日目に参加しました。

午前中は、日置市役所から徳重神社まで、

「オレンジウォーク」のチームで歩きました。

 

「オレンジウォーク」とは、認知症になっても

安心・安全で豊かに暮らせる地域を目指し、

当事者・支援者・地域の方でオレンジ色のものを身につけて

地域行事に参加し認知症に対する理解を深めていただく活動です。

 

チラシを配りながら、車椅子の体験もしました。

歩く時とは目線が違い、少しの段差が気になったり、

押してみると平坦でない場所が多いことに改めて気付かされました。

 

午後は、日吉支所でひおきの里・丘の利用者様と一緒に

うちわを手に自治会の皆さんを待ち構え、

太鼓の音が聞こえだすと妙円寺詣りの歌を利用者様が口ずさみ、

みんなで歌いながら手拍子で迎えました。

 

日置責善社のノボリ旗を先頭に

鎧兜の青年の皆さんと子どもたちが利用者様の前に登場。

拍手喝采の中、歌を披露していただき、

徳重神社まで武者行列で颯爽と歩く皆さんをお見送りすることができました。

 

改めて歴史に触れ、利用者様や職員にも喜んでもらえた貴重な1日となりました。

責善舎の皆様、支所の前を通っていただき、ありがとうございました。

 

 

総務 U

 

コメント

全国デイ・ケア研究大会に参加して

 

7月13日土曜日、宮崎観光ホテルで行われた

第40回全国デイケア研究大会に

一般演題の発表で参加してきました。

 

日頃のデイケアでの取り組みを発表する場であり、

私にとっては演題発表そのものが初めてで

貴重な経験をさせていただきました。

 

演題名は

「デイケアに通うことの重要性を学んだ一症例」

当院デイケアを2年利用された方の身体機能の変化や

日常生活の変化、目標とする活動の変化など

まとめて発表しました。

 

研究大会の概要は78の演題と28のポスター発表があり、

どの事業所もいろいろな取り組みをされていました。

利用者様の症例発表だけでなく、

業務改善の取り組みや事故防止の取り組み、

失語症や構音障害などコミュニケーションが難しい方の

受入れを多くされている事業所における

日常で意思確認する際の工夫などは自事業所の参考にもなり、

また業務改善の取り組みは何から取り組もうかと

考える際のヒントにもなりました。

 

肝心な発表ですが、時間内に終わりました。

質疑応答では想定していた内容とは違い、

少し焦りましたが、気づきを頂けるものでした。

 

人の前に出ることは緊張しますが、学びも大きく、

ぜひ他の職員にも参加してほしいと思いました。

 

 

通所リハビリテーション N

 

コメント

最期まで自分らしく生涯を終えるために

 

日置市介護保険課介護予防支援係長の前田様をお迎えし

「最期まで自分らしく生涯を終えるために

~エンディングノートの活用法~」

と題してお話をしていただきました。

 

誰しもいつかは必ず来る人生の最期。

一番大切な事は「自分がどうありたいのか?」ということ。

 

エンディングノートについて学んだことをきっかけに

利用者様本人が望むケア、家族の想いについても話をしていきたい。

「その人らしさ」にできるだけ近づけるケアをおこなっていきたい。

そのためには「話すこと」「思いを口に出来る環境であること」

も重要であること。

医療、ケアスタッフの連携をしっかり作っていきたいと感じました。

 

また11月30日は「いい看取りの日」であることを初めて知りました。

改めて自分自身のケアの向上を、そして

信頼を得られる人間でありたいと強く感じた研修でした。

ありがとうございました。

 

ひおきの丘 K

 

コメント

苦情解決研修会

 

今年1月末に鹿児島市で受講した「苦情解決研修」について

当法人職員を対象に伝達講習を行いました。

 

まずは苦情に対する基礎的知識からコミュニケーション力までを学習。

次にいくつかの事例をもとにグループディスカッションを行い

色々な意見を出してもらいました。

 

苦情をサービスの質を向上させる貴重な情報として受け止め、

積極的に対応することで信頼関係を回復するチャンスとして

今後の仕事にも役立てていければと思います。

 

ひおきの里 I

 

コメント

ほんとの空

 

外部講師の方をお招きした

権利擁護・高齢者虐待についての院内研修に参加しました。

 

「ほんとの空」というDVDを

盛り込まれた人権問題を見つけながら鑑賞しました。

どの場面に問題があるのかすぐわかりました。

わかってはいましたが、

私も同じ状況に遭遇したことがある事を思い出しました。

無意識のうちに誤った考え方や思い込み、偏見という意識により

差別をしていた事があったと思います。

 

お話の中で

「自分でラインを引く事が、人権を差別している」

という言葉がとても印象に残っています。

誤解や偏見に気づき、人と向き合い、他者の気持ちを

自分の事と思って考えられるようになりたいと思います。

 

これからは今日学んだことを日常の行動に繋げていきたいと思います。

高齢者虐待についても改めて勉強になりました。

 

 

医事課 S

 

コメント

身体拘束とは?

 

身体拘束廃止委員会は昨年5月に発足した際に

意識調査のアンケートを行いました。

その結果、身体拘束についての基本的な事が

「分からない」「知らない」というスタッフが多く、

今回、身体拘束廃止委員会主催の研修会

「身体拘束についての理解」を行いました。

 

まず身体拘束には3つの要件があり、

①切迫性

②非代替性

③一時性

に当てはまるか検討し、

該当する場合はそれを記録しておく必要があります。

 

近年の社会情勢からみてもとても厳しい目が向けられており、

法令違反となれば介護報酬の減算となる場合もあります。

どんな事例が身体拘束にあたるのか、

具体的な例を挙げて細かく説明がありました。

 

日々の介護を行う中で、

これはグレーゾーンや不適切なケアにならないか?

と自分のこととして考えてみる。

また違う方法があるかもしれないという視点で見てみるなど

理解を深める研修となりました。

 

通所リハビリテーション T

 

コメント

認知症への理解を求めて!

 

少し暑いくらいの秋晴れの日に

日置市3町で「RUN伴+(ラントモプラス)」を開催しました。

「RUN伴」とは、認知症になっても安心して暮らせる

地域づくりを目指す認知症への啓蒙活動の一つで

九州では「RUN伴+」として各県で実施されています。

 

今回は吉利JAを保育園児の可愛らしく元気な歌声でスタートし

ゴールの日吉支所まで約3kmの道のりを歩きました。

 

東市来町と吹上町、日吉町の最終ゴールとなった日吉支所には

宮路市長、日置市のゆるキャラひお吉君、カメ吉君、

ゆのもと三助君も駆けつけてくださいました。

薩摩天翔流の迫力ある五つ太鼓の演奏がゴールに華を添え

賑やかな中で無事に終えることができました。

 

ランナーで参加していただいた皆さんと

ボランティアの運営スタッフ含め総勢約100名。

多くの方々に協力をいただきました。

本当にありがとうございました。

 

認知症の人と出会うきっかけがなく

マイナスイメージを持ってしまいがちな方々にも

このようなイベントで触れ合い、喜びや達成感を通じ

認知症の人も地域で伴に暮らす大切な人であることを

実感していただけるのではないでしょうか。

 

また認知症に限らず同じ地域に住む人達が

お互いを理解し支え合う事で

安心して安全に暮らせる第一歩となると思います。

そのきっかけづくりとなれるよう

今後も地域に寄り添い伴に歩んでいきます。

 

 

 

 

総務 U

 

タグ: | コメント

心臓マッサージとAED

 

11月に2回消防署の方に来ていただき

一時救命処置(心臓マッサージとAED)の講習をしていただきました。

毎年当法人の職員全員が受講しています。

 

医療機関で働いている私たちですが

実生活でAEDを使用したことがある職員はほとんどいません。

再度AEDの使用方法や注意点などを教わり

一人ひとり指導をしていただきながらの訓練でした。

 

心臓が止まると1分ごとに救命率が10%低下する

という報告がありますが

有効な心臓マッサージが行われた場合、

救命率の低下を3~4%にとどめ、

脳の後遺症を減らすことができるそうです。

 

実際に目の前で誰かが倒れた場合、

その人が死に至るか蘇生するかは、

救急搬送する前の私たちの処置で決まります。

今回の研修で習ったような動きが出来たらと思います。

 

日置市消防の皆様、

お忙しい中ご指導いただきありがとうございました。

 

研修委員会 K

 

タグ: | コメント

アロマテラピー講座

 

アロマテラピーサロン&スクールを経営されている先生をお招きして、

月1回職員向けにアロマテラピー講座を開催しています。

 

これまで芳香療法の基礎から、抗菌・抗ウイルス作用、

消化器系促進作用、誘眠作用のあるアロマなどを学び、

ブレンドオイルやジェルも作ってきました。

そして先月は、バスボム(入浴剤)作り。

重曹とクエン酸にバスオイルと好みの精油を混ぜ

カップに押しつけ少し乾燥させて完成!

 

シュワシュワーとお湯に溶けアロマの香りが浴室全体に広がり、

心と身体の疲れがゆっくりと癒されていくのが実感できました。

慌ただしい日々の中、自分自身を解放し

リラックスする時間も必要ですよね。

 

アロマの香りを嗅ぐことで心身のバランスを保ったり、

脳が活性化し認知症の予防・改善につながったりと、

様々な効果があると言われています。

まだまだ奧が深いアロマテラピー。

自分自身だけでなく利用者様のためにも

香りに癒されながら今後も学んでいきたいと思います。

 

 

 

総務 U

 

タグ: | コメント

みゆき会15周年記念行事「I LOVE ひおき~ひおき♥元気♥大好き」

 

去る10月13日土曜日に15周年記念イベントを開催し

無事終了いたしました。

たくさんの方々にご協力をいただき心から感謝申し上げます。

 

来場者は100余名と少なかったのがちょっと残念でしたが、

内容については来場者の方より

 

「内容がとても良かった!」

「バーバラさんに元気をもらった。笑顔でがんばろうと思った」

「久しぶりに本物の踊りを見た」

「一緒に歌を歌ったら気分がすっきりした」

 

等お褒めの言葉をいただく一方で

 

「宣伝が足りなかった」

「温泉やゲートボール場を使用する方の駐車場が使用しづらかった」

「立札がなかったのでわかりづらかった」

 

等の反省点もありました。今回の反省点を

次回の20周年記念イベントに活かしていきたいと思います。

 

足を運んでいただいた方々、ご協力いただきました

バーバラ植村様、吾妻流千光会様、コール日吉様、

月桃アロマテラピースクール様、カクイックス様、

いけばな小原流様には重ねて深謝申し上げます。

みゆき会職員一同、これからの5年間を

また新たな気持ちでがんばります。

 

医療法人みゆき会 理事長 坪内みゆき

 

 

コメント