内科・消化器内科・麻酔科・リハビリテーション科 医療法人みゆき会 みゆきクリニック

日置市でかかりつけ医として地域の健康を守る内科クリニック、介護福祉関連サービスも幅広く提供しています。

〒899-3101 鹿児島県日置市日吉町日置390-1 日置市役所日吉支所近く TEL.099-246-8707

みゆきクリニックスタッフブログ

初めての支援

 

7月13日は雨模様でしたが、

日置市日吉町にあるグループホームから

入居者のI様と鹿児島市の城山観光ホテルに行きました。

今回はI様のお孫さんの披露宴への出席という支援です。

 

「無理かもしれないけど、少しだけでも出席してほしい」

というご家族の想いをお聞かせいただきました。

責任重大ですが、何としても叶えてあげたい…

何度もご家族と打合せをさせていただき、

準備にとりかかりました。

 

数日前にはI様の衣装のサイズ合わせをグループホームで行い、

当日は女性スタッフがメイクを行い準備OK。

ご家族がホテル側での車いすや駐車場などの

手配も事前に行ってくださり、

約1時間のドライブも無事にホテルへ到着。

打合せ通りご家族が会場へI様を案内されました。

 

1時間ほどしてからご家族から電話があり排泄支援を行いました。

さらに30分後再び電話で

「母が部屋に戻ると言っています」との事だったため、

今度はI様に

「まだご家族と記念写真を撮っていなかったので

撮影が済んだら帰りましょう」

と声掛けをするとI様も了承してくださいました。

 

当初30分~1時間くらいの参加になるかもしれない

とご家族と話をしていたのですが、

なんと披露宴終了まで参加することができました。

I様も「良かったよ」と言ってくださったので、

ご家族だけでなく、I様にとっても

喜んでいただける支援が提供できたのではと思います。

 

今日の事をI様はいつか忘れるかもしれない…

けれどもこの一瞬の喜びのために

私たちは日々介護に従事しているのだと改めて感じました。

 

I様やご家族様、ホテル職員や関係者の方々により、

この素晴らしい機会を与えられただけでなく

達成感のある支援を提供できたという

充実感まで得る事が出来ました。

感謝しかありません。

 

最後になりましたが…ご結婚おめでとうございます!

 

ひおきの里 I

 

コメント

母の日

 

ひおきの里の母の日会。

昼食はお弁当箱に盛り付けられた赤飯、

お刺身入りの昼御膳。

「赤飯の炊き具合がちょうど良かったよ」

「お刺身が美味しかった」

「お腹いっぱいになった」と喜んでいただけました。

 

職員が丹精込めて作り上げた

ペーパーフラワーのカーネーションを差し上げると

「綺麗ね~。飾っておくね」と水が入った花瓶に活けようとされ、

職員が慌てて「ちょっと待って・・・!」と大笑いに変わった一幕も。

本物そっくりだとびっくりされていました。

 

また皆様と一緒に「肩たたきの歌」を。

♪母さんお肩をたたきましょう。

タントンタントンタントントン♪

と、感謝の気持ちを込めて肩をたたきながら歌いました。

 

ご家族の面会も沢山あり、親子一緒にお祝いする

微笑ましい和やかな1日となりました。

 

 

ひおきの里 N

 

タグ: , | コメント

里のひなまつり

 

3月3日は桃の節句とも呼ばれる五節句の一つです。

季節の変わり目という意味で健康などを願って

ひおきの里もひなまつり行事をしました。

 

すてきな折り紙のおひな様を飾り、

弁当箱にちらしずしなど春らしい料理を

提供させていただきました。

 

「美味しかった~」

「お腹いっぱいになった~」

と嬉しそうな表情で話されていました。

3時にはひなあられを食べて

揃って写真を撮ったり、歌をうたったりと

楽しいひなまつり行事となりました。

 

来年もまた

♪あかりをつけましょ ぼんぼりに♪ と

ひなまつりをしましょうね。

 

 

 

ひおきの里 S&N

コメント

鬼は外、福は内

 

入居者のみなさま、豆の入った箱をしっかり手に持ち

待ちに待った赤鬼、青鬼めがけて容赦なく豆をぶつけます。

鬼は負けじと「オー!オー!」と身振り手振り大きく動き回ります。

早くも豆をポリポリ召し上がられる入居者様も。

 

昔は近所から「鬼は外、福は内」と声がしたものですが

今は子どもも少なくなりその声も聞かれなくなりましたね。

 

そういえば我が家も長く豆まきをしていないなぁと

少し寂しくなりました。

年に一度は鬼の顔を見るのもいいのだけれど。

来年は豆まきしてみようかな。

 

ひおきの里 T

 

コメント

地域とともに

 

さわやかな秋晴れのもと、

熊野自治会いきいきサロンより11名の方々が

「グループホームひおきの里」と

「小規模多機能ホームひおきの丘」へ見学に来られました。

 

まずそれぞれの施設のサービス内容や特色についての説明を

させていただき、その後施設内を見学していただきました。

百聞は一見に如かず。

「中はこんな風になっていたんですね!」

「思っていたより広い」

 

サロンメンバーの中に顔なじみの方を発見した利用者様。

久しぶりの再会に満面の笑顔がこぼれます。

「○○さん、元気しちょったな!」と色々な所で咲くお話しの花。

施設全体が楽しい雰囲気に包まれました。

「また来ても良いですか?」と嬉しい言葉もいただきました。

 

地域の方々にみゆき会の施設についてお伝えする機会を

設けていただき、本当にありがとうございました。

またいつでもいらしてくださいね。

 

 

ひおきの里 D

 

タグ: , | コメント

笑い絶えない秋の運動会

 

ひおきの里の秋の運動会を行いました。

みゆき先生も参加される中、

利用者様代表による元気いっぱいの選手宣誓のあと

ラジオ体操で準備運動。

ボーリングピン倒しで競技スタート!

続いて風船割り、玉入れ、パン食い競争など

一生懸命に体を動かし、声を出し、

熱のこもった応援と競技を繰り広げました。

 

利用者様とみゆき先生が一緒に競技をされて

顔を見合わせて笑ったり、

とても楽しい時間を過ごすことができました。

最後に皆でお茶を飲み和やかな雰囲気で

スポーツの秋を満喫した日となりました。

来年の運動会も楽しみです。

 

 

 

ひおきの里 H

 

タグ: , | コメント

敬老会と百寿のお祝い

 

朝晩はだいぶ過ごしやすく感じられるようになりました。

ひおきの里では9月15日に敬老会を開催しました。

 

まずは昼食のお祝い膳。

豪華で彩り豊かな料理に皆様笑顔で食事を楽しまれました。

その後、今年は入居者様の娘様方が日本舞踊とフラダンスを披露してくださり

大変喜んで観ておられました。

当のお母様は涙、涙であまり踊りを見ることができない様子でした。

そしてみゆき先生のお母様からの手作りの座布団と

職員からの絵手紙のプレゼントに

「あら、きれいね」「ありがとうね」と大変喜んでくださいました。

 

来年早々には百歳を迎える入居者様もいらっしゃって

内閣総理大臣から大きな表彰状と銀杯をいただきました。

これからも笑いの絶えない楽しい毎日を過ごしていけたらいいですね。

末永くお元気でお過ごしください。

 

 

 

 

ひおきの里 S

 

タグ: , | コメント

涼をとり子どもたちと楽しむ夕暮れ

 

今年の夏は猛暑となり、

新聞TV等で熱中症の文字をよく目にしました。

入居者様も外出や散歩の機会が減り、

室内から外の景色を眺めるばかりの日々。

嬉しいことに明信寺こども園様より

夕涼み会のご招待を受け出かけてきました。

 

玄関から出ると開口一番「暑いね~」

とおっしゃられましたが、こども園に到着すると

浴衣や甚平姿の子どもたちがお迎えしてくださり

「可愛いね~」と目を細め握手しておられました。

 

事前に入居者様が制作した手形アートも飾ってくださっていて

いただいた園児手作りのうちわを扇ぎながら盆踊りを眺めたり、

夜店コーナーのピカピカ金魚すくいなど夏の風物を感じて

何よりも子どもたちの元気をもらってきました。

 

こども園職員の皆様、保護者の皆様、

楽しい夏の思い出をありがとうございました。

 

 

 

 

ひおきの里 N

 

タグ: , | コメント

夏のドライブプラン

 

梅雨とは名ばかりの晴れた蒸し暑い日が続いていた7月初旬。

ひおきの里ではこの暑さを吹き飛ばすべく、

屋外レクとして夏のドライブに出かけました。

 

最初に江口浜海浜公園に向かい、美山から伊集院市街地へと走る車内。

「きれいな海だね」

「緑が生き生きとしているね」

など会話が弾み、昔話を聞かせてくださる入居者様もいらっしゃいました。

 

最後に、内牧場のジェラート工房パーチェに立ち寄りアイスを購入。

トラブルもなく無事帰り着きました。

「時には外に出るのも気持ちが良いね」と好評でした。

 

15時のお茶はお待ちかねのジェラートタイム。

冷たくて美味しい!と大喜びでした。

また来年も行きましょうね。

 

 

グループホームひおきの里 K

 

タグ: , , | コメント

せっぺとべ2018

 

6月3日、天気に恵まれてせっぺとべの日がやってきました。

日置市の無形民俗文化財であるお田植え踊りを奉納したあと、

泥だらけになった白装束の若者、

伝統的な衣装に身を包んだ子ども達が

日吉町内の商店や事業所を回って来られます。

 

午前中に5組の自治会の方々が訪れて

披露してくださる一生懸命な舞いを食い入るように見学し、

地域の知り合いの方との再会では会話に花が咲いた様子で

入居者様はとても喜ばれていました。

スタッフも一緒に踊ったりして

楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

 

午後も2組の自治会の方々が来られて、

年に一度のせっぺとべを一日満喫することが出来ました。

 

「来年も来(く)っでなぁ~ 元気しちょいやいな~」

というお声掛けに感動し、

地域の伝統文化を守っていく大切さを感じるとともに

利用者様の健康と長寿を願いました。

 

 

 

グループホームひおきの里 I

 

タグ: , , | コメント