内科・消化器内科・麻酔科・リハビリテーション科 医療法人みゆき会 みゆきクリニック

日置市でかかりつけ医として地域の健康を守る内科クリニック、介護福祉関連サービスも幅広く提供しています。

〒899-3101 鹿児島県日置市日吉町日置390-1 日置市役所日吉支所近く TEL.099-246-8707

みゆきクリニックスタッフブログ

初めてのお正月「おせち」作り

 

当施設が開設してから、初めてのお正月を迎える事となりました。

私にとっても、家族以外と一緒に迎えるお正月は初めての事でした。

 

黒豆、栗きんとん、お赤飯・・・。

普段めったに作らない料理ですが、

少しでもお正月気分を味わってもらえればと思い作りました。

出来上がった料理をお弁当箱に詰めようとすると・・・

どうもセンスがなく、どう詰めてよいものやら??

他のスタッフと相談しながら、やっと出来たおせちを見た入居者様の

「うわー。ご馳走だねー♪」のひと言にホッとするひとときでした。

 

何とか見栄え良く出来上がり、味も美味しく出来ました。

普段は少食の入居者様もほぼ完食してくださり、

「美味しかったよ。ありがとう。」

の言葉に胸をなでおろす一日でした。

 

 

グループホームひおきの里 介護職員 S

 

タグ: , , | コメント

餅つき大会交流会

 

昨年3月にひおきの里・ひおきの丘を開設してから早いもので、

今回初めてのお正月を迎えることができました。

 

昨年暮れ12月26日 皆さまへの日頃の感謝の気持ちのお礼と

入居者、利用者、ご家族、職員、地域の方々との交流の場として、

昔ながらの杵と臼を使っての餅つきを行いました。

 

晴天にも恵まれて、50名程の皆さまにご参加いただきました。

入居者も杵を力いっぱい振り上げてついていました。

外で食べるあたたかい豚汁と出来たてのお餅、芋餅も大好評で

笑顔があふれ、会話を楽しむことが出来ました。

今日の出来事はとってもいい思い出になったのではないでしょうか?

 

またいろいろな行事を行いながら

日々の暮らしが活気あふれるものになるように努めていきたいと思います。

皆様のご協力本当にありがとうございました。

 

 

 

グループホーム ひおきの里 管理者 I

 

タグ: , , | コメント

通所リハ クリスマス会

 

みゆきクリニック通所リハにて、クリスマス会を行いました。

毎年地元婦人会やボランティアの方々に歌や踊りをしていただいています。

今回は鹿児島市から「めだかグループ」の方々にも来ていただきました。

 

めだかグループの皆さんの楽器に合わせて、

利用者様もマイクに少し緊張した様子で歌をうたいました。

歌のあとはフラダンス。

指先と腰のしなやかな躍りに魅了されました。

職員も見よう見まねで一緒に踊りましたが・・・難しかったです。

 

短い時間でしたが楽しいクリスマス会を行うことが出来て

利用者様にも大変喜んでいただけました。

 

 

 

通所リハビリテーション 介護職員 M

 

タグ: , | コメント

「人を大切にするケア」を目指して 2013

 

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

グループホームひおきの里・小規模多機能ホームひおきの丘が

皆様のご支援を頂いて開設してから初めてのお正月を迎えました。

 

至らない点も多々ありましたが、皆様からご指摘ご助言を頂きながら

職員一丸となって精一杯のケアを提供する努力をいたしております。

 

新年を迎えるにあたり、医療法人みゆき会と致しましては

「人を大切にする」法人を目指していきたいと考えています。

地域包括ケアシステムの構築を国が積極的に進めているところでありますが

患者様・入居者様・利用者様へのケアや医療の提供において

さらには地域の住民の方々との交流や地域社会におけるみゆき会の役割、

また一企業としての人材育成の場面でも、「人を大切にする」という

全くもってあたりまえのことを行動規範としていきたいと考えております。

 

なかなか不況の波は簡単には引いてくれず

胸の詰まるニュースを耳にする日々ではありますが

皆様とは楽しいこと嬉しいことには一緒に笑い喜び

悲しいことつらいことには一緒に涙し励まし合って

「共に寄り添い共に暮らし」ていきたいと思います。

 

本年もどうかご支援の程よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

理事長 坪内みゆき

 

タグ: | コメント

糖尿病教室 食事療法編 を開催しました

 

12月2日 日曜日 みゆきクリニックにて

平成24年度 第3回 糖尿病教室 食事療法編

「たべてガッテン! バイキングでわかる食事療法のこつ」

を開催しました。

 

今回は、外来通院中の患者様が15名参加されました。

講師に管理栄養士の下野桐子先生を招き、

個々に合わせたエネルギーの表をもとに、

バイキングで好きなものを選んでいただき会食をしました。

思ったよりもボリュームがある、と好評でした。

 

 

 

 

食後にみゆき先生による講話もありました。

合併症のことなど、患者様には大切な情報でした。

 

また前回習ったチェアロビクスも30分行いました。

椅子に座ったままの運動でも、腕も足も使い少し汗が出る位でした。

 

次回の糖尿病教室は平成25年3月頃に行う予定です。

 

外来看護師 K

 

タグ: | コメント

アンサー

 

米の取り入れがやっと終わった。

相当な仕事量と思われたので、大阪の息子に援助をお願いした。

一週間いてくれてほとんど仕事を済ませて戻っていった。

 

この息子、

中学は一年半不登校、高校は中退、定時制とこれまで不安定な人生を送って来た。

しかし私は

「父親は自分の息子を一生に三度叱るか、あるいは一度も叱らぬかの心構えが必要だ」

という師の教えに従って、彼も上の娘二人も一度も叱ったことがない。

 

果たしてこれで父親の教育方針としてよかったのかという迷いもあったが、

一週間の生活で十分一人立ちできる二十六に成長していると感じ、

ホッとした秋日和であった。

 

通所リハビリテーション 介護福祉士 N

 

コメント

江口蓬莱館へ行ってきました!

 

先週秋晴れの中、

通所リハご利用者の院外リハビリが行われ同行してきました。

今回は、江口蓬莱館でお買い物をした後

海の見える公園でお茶を飲んで帰って来る、

というスケジュールでした。

 

江口蓬莱館でのお買い物は久しぶりだったので

「何を買おうか昨日から楽しみにしていました!」

と話される方もいらっしゃいました。

新鮮な魚介類や地元の野菜など、

思い思いにお買い物を楽しまれました。

 

お茶の時間も天候が良く

波の音を聞きながら、和やかな環境の中で会話がはずみ

時間を忘れてもう少し居たい気分でした。

 

 

帰りには「今日はとても楽しかった。ありがとう」と言っていただき

皆さんの満足されているご様子が実感できました。

また院外リハビリを通して

普段気付かない表情や言動に出会うこともできて

院外リハビリの必要性を再確認しました。

 

11月に入り、朝晩だいぶ寒くなってきました。

皆様も体調をくずされないようお気をつけてお過ごしください。

 

外来看護師 H

 

タグ: , | コメント

一期一会

 

先日、とあるソバ屋さんに誘われて行ってきました。

そこは障害者支援を主とした

社会福祉法人の敷地内に作られたお店で、

職員の方々と、障害を持った方々が

一緒になって接客をされていました。

 

お茶の声かけや下膳など、

精一杯お客さんに気を配って働いている姿を見て、

私たちがいつも患者様や利用者様に対して

ここまで気を配れているのかと、

気付かされる思いでした。

 

医療や介護というサービスを提供している私たちが、

常に心掛けていたい姿だと感じました。

 

総務 K

 

コメント

共に寄り添い 共に暮らし それぞれの時間 それぞれの人生

 

ひおき介護施設がスタートして、早いもので6ヶ月が経ちました。

これはひおき施設の理念を、日吉町在住の友人に書いてもらったもので、

施設の入り口2カ所に飾ってあります。

 

画像 061s 画像 060s

 

認知症ケアの奥深さを思い知らされる毎日の中で

介護の現場が人対人である限り

介護に携わる人の道徳観を正しい位置に置くために

こういう言葉が必要になるのだと思っています。

 

認知症という病気にかかわらず

自分ならどういう暮らしを望むのか・・・

自分の家族ならどういう人生を送らせてあげたいのか・・・

 

みゆき会の職員も日々葛藤、模索しながら、自己鍛錬を続けています。

 

理事長 坪内みゆき

 

タグ: | コメント

時代の流れかな? 人のふり見て我が身を直すが・・・

 

三男坊の試合があるため、

活気をつけるということで栄養会がありました。

 

ひとしきり食べたり飲んだりした後、

一人一人試合に向けての抱負を発表していきました。

 

その中で、ただ抱負を語るだけでなく、

一発芸や物真似、中でも先生の物真似をする生徒が多いのにびっくり!!

ウン十年前・・・私が学生の頃など、

先生の物真似をしてしまうと大目玉をくらう時代でした。

なぜか先生の方も生徒の物真似を見て我が身を改めて見直しているようでした。

時代は変わったなぁーと思うことでした。

 

ひおきの丘 管理者 K

 

コメント